読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「さよならは終わりではなく 再会の合言葉」

ブログにはちっとも書けてませんでしたが、「少年たち」9月25日1部2部も観劇してきました。
実は10月頭に会社の試験があって、9月はなかなか身動きが取れず、あまり東京まで遠征出来なかったんですよね…。関西っ子がすーっごく良かったので、試験さえ無ければもっと通いたかった!!残念無念また来年もやってくれ><

もちろん、もうレポどころか感想さえ記憶にないのですが(え)…、日生劇場の「少年たち」で一番好きだった、しげちゃんのソロ曲シーンはふいに思い出すことがあって。特に、
「さよならは終わりではなく 再会の合言葉」
という歌詞は、東京から帰るヤコバの中で延々と頭を巡っていました。
しげちゃんの甘い声によくあっていて、歌詞もすごくいいんだよね…うん。
ちょっと頭の痛いのを承知で書くと、ジャニってコンや舞台中はすごく楽しいんだけど、やっぱりどこか非現実空間で夢の国にいるような感覚に陥っていて、ふと現実に戻るとき、自分の置かれた状況を再認識してすごく切ない思いになるんですよね…。
まあ、言うなら、自分の年齢とかさー、仕事のこととか(現実的すぎる)
でも、その時のこの曲の歌詞を思い出して、「これでお別れじゃない、また再会出来るからそれまで頑張るんだ」と自分を自己暗示にかけていたというか(苦笑)
「再会の合言葉」かー、この言葉すごく好き。

で、で、話は変わりますが、私、地味に舞台中にこの曲の歌詞を一生懸命メモっていたんですが、如何せん頭の悪い私は5公演ぐらいじゃ頭に入りません!(威張るな)
それで、かなーり曖昧な記憶しか無かったんですが、公演が終わって1ヶ月が経ち、やっとこさ、昨年に北山くんが歌っていたんでは?という疑問に辿りつきました…。お、遅すぎるだろ( ̄▽ ̄;)
だって、少年たちのDVD、日生版はほとんど見てなかった…(汗)

そんなこんなで、ようやく歌詞がなんとなく分かってこの記事を書いています(汗)
DVDで見てもイマイチ分からんかったとこもあるんだけど、それは私の読解能力が悪いだけなので申し訳なく。しかし、こうやって歌詞を見るとやっぱり良い曲ですね。
ますます、今年の舞台もDVDにしてほしいーーーーーーーー!!!!!









強い風がまた吹きつけたから
僕ら少し大人になったみたい
涙で今日を見送るより
僕はお前のためここにいる

時の流れはいつも変わらずに
僕らを未来へと連れていくよ

ズルさも弱さも強がりも
すべて僕が受け止めてやるよ

泣けないほどの 悲しみを
お前を襲ったとしても
僕がお前の悲しみの置き場所になるよ 約束さ

まばたきの途中で
また世界は変わる

さよならは終わりではなく 再会の合言葉


果てしなく続く道
光さす方角へ

闇が覆っていても
僕ら止まることはないから

まばたきの途中で
また季節は巡る

まだ誰も見たことのない
新しい日が来る

まばたきの途中で
また僕は大人になる

さよならは終わりではなく 再会の合言葉